KIKO &DEKOの50歳からのeveryday

50代からの毎日幸せに生きるための羅針盤

51歳すっぴん美肌の取説

f:id:iitenkidama:20190409194855j:plain

人気ブログの書籍化されたものなどを最近kindleなんかで読んだりするんですが、
私なんかがいつもブログ挫折しちゃうのって、飛び抜けて何か熱中しいてるものもないし、いやあるにはあるんですが、その熱中具合があくまでも凡人の域を脱しなく、すごい人のブログなんかを見ちゃうと、全然自分なんかはダメだなあ、なんてすぐ思ってしまうのですよね。

別にすごく承認欲求が強いとか強くないとか、そういう事だけじゃなくて、
あー思った、こー思ったと書きたい欲求があるからブログを書いてるわけなんだけど、

やっぱりブログやってると、私自身の推しってなんだろ?って考えちゃうわけなんですよね。
これはアドセンス申請している時にも散々考えて、やっぱ1番興味があるのはアンチエイジングなんですよね。なのでこのような今のブログの形態になり、アドセンスにも合格したのですが、

気がつくと、顔出しの勇気もなく、
そして現在、美容系の仕事もしている事もあって書いていいのか悪いのか葛藤の中、
記事を書いたり削除したり。

51歳すっぴん美肌なんてタイトルを付けてみましたが、
こんなタイトルの記事があったら、きっと自分だったら、自己承認欲求の自称美魔女おばちゃんかよ!っと毒でも吐く事でしょう(でも気になるから読んじゃうかな)


でも考えても考えても本当に他に取り柄何にもないんですよね。

このブログを始めたきっかけの乳がんの事は、なんで私が!と、拗ねたような気持ちを書きなぐってみたり。

でもそれはやっぱり『ないものを数えている』だけなんですよね。

自分にあるものを感謝しながら数えて生きていくって事が、きっと自分を認めるって事なんだろうけど、
これをアピールしながら作ってくって言うのも難しいなぁと。
私すごいでしょ!みたいに書いてる人を見るとイラッとしいちゃってる自分がいますしね。

でも、お客様なんかにも『もとからお肌綺麗なんでしょ!』なんて言われた時に、
いや〜そんな一言で片付けられたくないいでしょ、なんて思ってしまいます。


それは生まれ持ったキメの細かさとかもあります。でも50歳過ぎたらこれまでの長い長い年月の習慣、やってきた事、これをその一言で片付けられたくはないです。

若い頃、ハッチャケてる周りに奇妙がられながらも完全防備のビーチ。
笑われながらの時期を超えての今なのです。

それにやっぱり30代後半くらいは、このままでは老いてしまうと危機を感じ始め肌断食やノーファンデなど、いろいろ試し始めました。

ネットで化粧品の原材料なども取り寄せて自作化粧品を試したり、成分の勉強もしてきました。

美は1日でならず、これは確かです。

お客様の中には『私は即効性のあるものがいいのよ』とおっしゃる方も多いのですが、
ターンオーバー云々と言うよりも、
ライフスタイルなんだ!とご説明するのが結構大変だったりします。
このようにおっしゃる方は、間違いなく、

これまでビーチやアウトドアで楽しんできた方々が多いのですよね。