KIKO &DEKOの50歳からのeveryday

50代からの毎日幸せに生きるための羅針盤

このブログの今後

お名前コムから、独自ドメインが半年経過したとのお知らせが来ました。

実は今は、自動更新はしない設定をしています。

workを使ってますがお得価格の1円だったので、今年はただみたいなものですが、更新後には値段があがります。

この先は私のブログをどうしようかと思っているかを今日は書いてみようと思います。

 

良いコンテンツとしてのブログ

半プロである事。

プロであると、商用目的への誘導があるのではないかと、

読者からはあまり好まれません。

しかしただの普通の人が大した事でない事を書いたりする事は良質のコンテンツとは言えません。

素人だけど、プロみたいな出来栄え。

ブログに求め得られるのはこういうものなのかなと思います。

 

私のブロ友さんは、その半プロが多いです。

それは、もともとは何かの講師をしていて(お稽古系)けれどその事は書かないで、枝葉を伸ばしたジャンルを書いているからです。

 

こうしたものの完成度をみていると、かなわないな〜と思います。

 

やってみたら誰でもできそうな事

例えばレシピやDIYでも、

ぱっとできて、簡単そうで完成度も高い、ちょっとすぐにやってみたい気分になる。

こんな記事が拡散されやすい記事なんだと思います。

 

なんでしょうねぇ〜生活の中のちょっとした事を地道に掘り下げていくと、以外にたくさんその辺にコロコロしているのかもしれませんね。

 

まとめ

今回初めて有料ブログをして、アドセンスも貼ってみたわけですが、

上記のような事が頭ではわかっていても、なかなか心がついていきません。

もっと良質なコンテンツを書かなくては!そう思います。しかし、

 

休みの時は、ぽけっとしたいし、何かモヤモヤした心の奥をさらって投稿記事へカタカタとキーボードを打つことは、今の私にはとてもセラピー効果があります。

 

上記のような「誰かのため」の記事を書くことに多くの時間をさくのならば、私の今やるべき事は、もっと料理の品を増やしたり、運動したり心を穏やかにする時間を増やす事です。

 

見えない誰かのためのブログを書けないのは、反旗をあげているようなもので、ブログをしてダメなのかなと思ったりもします。

 

でも反面、そのようなブログがなぜ「ダメなブログ」と認定されてしまうのか、googleの検索順位の優劣が、良い悪いの絶対値であるのか。

 

だとすると、やっぱりネットの中での神はgoogle様と言うことになってしまうのですかね。

 

私は、目に見えないような特に心の部分に関しては、なにかの法則や方程式に当てはめてしまうのは、なんだか切なさを感じてしまって、それに閉塞感を感じてしまうんですよ、少しポエマーな所がありますかね。

 

頑張ってブログするのは、頑張って擦り切れてメンタルが少し故障気味のブロガーさんには、あまりよくない気がするし、

アクセスが上がるのはゲームの得点が上がるようで面白いけど、その時の興奮も少しパニック傾向のある人は、呼吸に乱れが出てよくはないですね、きっと。

 

このブログを始めたばかりの当初の私のメンタルは、健常の人への嫉妬や恨み節など乱高下していたけれど、今は随分と元気になって、平穏な日常へ戻ってきた。

 

こんな感じのペースでのブログの方が、逆に執着もなく、何度もアクセス解析をチェックする事もなく、アウトプット中心でいい感じの共存なのかも。

 

まだまだ術後3年経ってませんから。

欲張らず。

 

せっかくアドセンスがあるのに「もったいない」とも思ってしまうのも、メンタル病み系の頑張り屋さん系にはよくないかもしれません。

 

まずがお金稼ぎよりも、健康的な生活ですね。

リアルなお仕事や家事が前提です。

 

期限がきれたら、多分サブドメインに戻ることでしょう。