KIKO &DEKOの50歳からのeveryday

50代からの毎日幸せに生きるための羅針盤

女性ホルモンなくなっても生きてますよ。

www.kikoanddeko.work

そうそう。。

本来のこのブログをやろうと思った本来の目的。

ブログ巡りをしていて思い出しましたわ。女性の皆様に是非お知らせしたい事でございいいます。

なんだか無事、無断転載ブログからの奪還もして初心忘れるべからずの心境でございますわ。

 

  • 女性ホルモンは大事!
  • 女性ホルモンを増やそう!
  • 女性ホルモンを増やす食べ物!

 

なんてテーマが氾濫しているんですけど、私の場合はもう閉経していて(45歳くらいからまともにこなくなりました。)卵巣からは出てないんですが、

 

人間の体というものは不思議ですね。

 

アロマシン(エキセメスタン)の作用機序:乳がん治療薬

 

 

 閉経前では、主に卵巣からエストロゲンが分泌されます。一方、閉経後では副腎皮質から分泌されるアンドロゲン(男性ホルモン)がエストロゲンの分泌に関わります。アンドロゲンはアロマターゼと呼ばれる酵素によって、エストロゲンへと変換されるのです。

 

 男性ホルモンが女性ホルモンに変換されるんですよ。

 

そして私はホルモンレセプター乳がんなので、さらにそれすら阻害するお薬を服用しているわけですね〜

 

・・女完全終了?!

 

いやいや、そりゃいろいろ副作用はありますよ、関節もバキバキだし、蕁麻疹出たり。鬱々したり。中間覚醒が1番の悩みかな。

 

でも、見た目に「女性ホルモン枯渇しております!」

と看板背負ってる感じじゃあないと思いますよ。

 

「50歳?見えない〜」←おせーじにウホウホ。

 

逆に、乳がん患者の間では、

「なんだよ、知らないでせっせとガンに餌やり活動しちゃってたよ。」

 

サプリとかもやばいよ。

 

なので、セールスとかもあると思うんだけど、何かやたらの女性ホルモン増やそう活動に出会うたびに違和感ありありなんですよ。

 

こう言った記事って、あまりないでしょ?

 

たしかに女性ホルモンって血管とか体のいろいろな調子に関わっていて、なくなると健康診断なんかでは一気に数字上昇するんだよね〜

体の不調、自律神経ノンコントールで鬱々してきちゃうし。

 

でも、とりあえずは女やってますよ。

 

女性ホルモンなくなっても男になるとかじゃないので。

 

そのあたりの誤解みたいなものを是非とも身をもって、訂正したいものだわっと言うわけです。