KIKO &DEKOの50歳からのeveryday

50代からの毎日幸せに生きるための羅針盤

二番煎じ、起業は簡単じゃない。

クリエイティブ系のお仕事をしてきたので、マンションメーカーから年商三億の会社になった所にいたりもした。

家族経営に近いような規模だと社長とかが近い位置で仕事のノウハウが身近に手にはいるように感じる。

まだその会社に入った頃はその分野に手を出したばかりで、ちゃんとした指示書もなく、私が以前いた会社の仕様書を真似して作ったくらいだった。一から十までひとりでコンバクトに仕事をしていると、自分でも起業できるのでは?と、思える瞬間もなきにしもあらず。

うちの弟も同じような業界で、その会社に席を置きながら起業した。

うちの親にお金を借りて。

そこが私ら兄弟のツッコミと言うか、お前甘いだろ!と喧嘩になった所なんだけど、頭金も自分で用意できないようなヤツが。

まあ失敗に終わったんですが、親には返済シラーっととどこってるので、ここは親の甘さもあるんでしょうが、年金暮らしとなった今はあれは貴重なお金だったわけです。

 

どこのうちも長男には弱いと言うわけですね。

同じようなやり方の仕事のノウハウなのに、やはり年数を経営できていると言うことは、それなりの技量があると言うことなんでしょうね。物まねで経営できるほど世の中甘くないというわけです。