KIKO &DEKOの50歳からのeveryday

50代からの毎日幸せに生きるための羅針盤

楽しいはてなブログの歩き方、人気エントリーへの載せ方

www.kikoanddeko.work

 

経過報告です。

今週の私は「こんなブログあります」に載っていたので、読者登録とアクセスが増えるため、更新を活発にしました。

 

上記の記事でも書きましたが、ある期間にあるアクティブがあるとボーナスチャンスがあると思うので、意図的に乗りました。

 

f:id:iitenkidama:20180519105327j:plain

以前も、もうひとつのブログで意図的にアクティブしてカテゴリに載せようとしたら、簡単に載りました。やはり方程式があるのだなと確信しました。

 

なので、今回もすこし確信犯的に、今度ははてブに載せてみました。

f:id:iitenkidama:20180519105322p:plain

 

 

www.kikoanddeko.work

 

記事はこれです。

少し挑発的で過激性のあるタイトルをつけてみました。

 

家事に労災などあるわけがありません。

勿論分かってて書いてます。だから憤りがあるのです。守られてるものがない。こんなに過酷なのに。

いくら書いても共感は同じ立場の女性だけです。

まずそれ以外に人にクリックしてもらわなくては、読んでもらわなくては意味がありません。

 

もうひとつのブログで私がブログを書く意味は「わかってもらうというプレゼンの練習をするため」と書きました。

家事を手伝う意識のない男性は、自分も会社で大変で疲れているからと言う理由です。

なので、家庭を会社家事を労働、家事で体を壊したのなら労災なのでは?男性にも自分の身に置き換えて理解してもらえるように意図して書いてみました。

 

ブログを書くという意味について、先頭のリンク記事でも書きましたが、やはり自分の言いたい事だけを書くのなら、日記帳がいいと思うしやっぱり何か分かって欲しいという気持ちがあるからブログを選んで書いていると思うのです。発信ですね。

 

もうひとつのブログは「はてなブログ」のサブドメイン。「はてな一家の末っ子さんね」と認識されますが、

しかし独自ドメインを取ると、自分が世帯主となるので、いきなり新参者です。

やはり挨拶回りなどをしないと、そこにどんな人が越してきたか何者なのか知られないわけです。

なので、営業活動は嫌だなとは思いますが、このあたりはブログを続けるモチベーションとして引っ越しタオルを配るくらいな気持ちでやればいいのかなと。

 

しかし、はてブ研究のため、少し読ませていただいたブログさんが、「はてブ住民にはネガコメ専用員がいるので、メンタルの弱い人、スルーできない人はやめた方がいい」と書かれていたので、私はそのあたりも心構えができていて良かったのですが、

 

人によっては、書く事で心落ち着くのがいいとかいろいろありますので、ご自身のペースでなさるのが何より。

 

ちなみに、今回はてブエントリーのタイミングが早すぎたのか、「こんなブログあります」の掲載が短くなってしまった気がしてます。もうちょっと恩恵を受けとくべきだったかなと。

 

掲載終了とともに上向きなアクセスと読者登録が止まってしまいました。

 

このように、読者登録が多いから人気とか、はてなスターが少ないから自分は人気がないとか、そのようなものではないので、

 

もしビギナーブロガーさんがそのあたりでブログを続ける意欲とかを失ってるようでしたら、そういった意味は私個人的には全くないと実感しているので、そのように思う必要はないと言うことです。

 

でもやっぱり少しアクセスはあった方がいいな、読者登録もあった方がモチベーションがあがると思うのなら、以上の事を実践してみたら、意外と簡単だと思うのでお試しを。