KIKO &DEKOの50歳からのeveryday

50代からの毎日幸せに生きるための羅針盤

はてなブログでアクセスを増やすにはボーナスチャンスにのること

f:id:iitenkidama:20180514105141j:plain

f:id:iitenkidama:20180514105137j:plain

 

 

 

今書いてるブログは「はてなブログ」で2つ目。

 

最初のブログは今年年始から始めて3月の終わりからこのブログを作り、

4月から二足のわらじになって、本格的にこっちに移行したのが、4月の半ば。

 

 

自分には、何個もブログを同時に進行なんてそんな労力は無理。

 

2つ目を1ヶ月半やってみて、気づいたことを書こうと思う。

多分、これははてなブログをやって、ある期間を経過した人はなんとなく気づく法則だろうと思う。(そんなの知ってるよ〜と言われそうなことだけどね)

 

ブログにも流行がある

 私はブログは10年位以上前に3年くらいやってて、飽きてフェードアウト。

その後、乳がんになってまた書こうと思い始めた。

(人はなぜガンになるとブログを書こうと思うのか、とタイトルで書いてた人がいたな〜)

 

私のブログ遍歴

1番最初のブログ。13年くらい前。これからブログは流行りますよ!

雑誌で取り上げられてたからなんだけど、

始めたら、あれ?ちょっと変わりどころ使ってた?気づく。

jugem.jp

その後は、

www.livedoor.com

 ちょうどホリエモンさんが逮捕された時にタイムリーにやっていた。

この時代は流行ってたと言うこと。

 

その後は

fc2.com

 

ここは動画に関しては良かったと思う。

なんせそのときは芸能人のファンブログをしていたので、動画は命!

この時は、YouTubeやニコ動もUPしたりもしていた。YouTubeはまだ今みたいな感じじゃ全然なかったから。

 

そして、ものすごくお久ぶりでまた書こうと思った時に、FC2のログインが生きてたので、そこで告知から入院までの心の内を書く。

 

そして退院してやめる。

その後は乳がんの人のサイトの住人となる。 

 

そのサイトも割と新し目だったのですが、この2年のうちに会員数も倍以上になり、

同期生の書き込みもなくなり、新入生の場となったので、また自分のブログへ戻ってこようとブログを再開。

 

このときは、北斗晶さんや小林麻央さんのブログを見るためにアメブロIDがあったので、アメブロを始める。

official.ameba.jp

 

 しばらく今と同じで、語り系の記事をかいていたのですが、

当然のごとく違和感ありありで、そんな中、自分のすきな感じのブロガーさんは必ず「はてなブログ」で書いていたので、迷わず移転。

 

アクセスの話しか興味のない人はここへ飛ぶ

 最初は誰も見てくれない

直球で書くと、はてなブログは「盛り」のアクセスがないので、

始めた当初は「誰もみてない〜!」と凹む。

とくにアメブロからきたギャップは大きい。

これで嫌になるか、逆に飛躍して勉強していいブログにしようかと思うかの、ハングリー精神?いや、ブログ愛が大きいかどうかを問われる。

 

 

一個めのブログで、はてなの表面に載った時に、1日のアクセスが1000を超えたので、proにしようとしたら、洗礼を受ける。有料ブログはさすがに初めてなので手探りなので仕方ない。

 

また「1」から。

 

一日のアクセスが1000を超えても、読者の数が沢山増えても、

スターの数が沢山もらえても(特に無限スター)

決してみんながわたしのブログのファンになってくれたわけでもなく、私の文章能力が上がったわけでもなく。

 

勘違いしないように思い上がらないように、

目を覚まさせてくれた事には、この独自ドメインの取得はいい勉強になったとは思う。

 

※ある程度、年数を書いて本当の読者ファンを獲得しているブログは別ですが。

 

べつに見てもらうことだけに意味があるわけじゃないから

 

私も一時期は、スケジュールアプリの日記機能を使って書いていた。

いまのアプリはいいのがあって、その日撮った写真も自動ではりつけになっていたりするので、いい思い出ブックのようにできる。

 

はてなブログも非公開設定とかもできるけど、だったらこのようなアプリを使う方が手軽だし。以外にブログ制作は手間がかかると思う。

 

はてなスター

ダッシュボード」に「ブログチャレンジ」なるものがあるけど、

これ通りやればアクセスアップできる。

 

これは本当だと思う。

だって「はてなブログ」がそういってるのだから、そうなのに違いない。

 

私もそうだけど、まず最初にはてなスターの営業は嫌だな!っと思ってしまう。

「絶対お前読んでないだろ!早すぎ!」

「自分のブログの収益のための営業活動!せいがでるな!」

 

大抵こんな感情が出てしまうので、ここが分かれ目なのだと思う。

 

アクセスとか関係なく、心のうちを吐き出す場所としてブログを使うのなら、ほかの日記機能を使うとか、まあWordにベタ打ちでもいいのかもしれない。

 

宇宙空間に叫びたい!

大きな穴を掘って叫びたい!

 

なんとも言えない心のモヤモヤを書きなぐりたい!

私はここにいるよ!いるんだよ!!

 

そんなのがブログの魅力だと思う。

 

産まれたてのブログを援助する法則

多分、これがあるんだと思う。

だって私がもし、はてなブログの社員だったら、顧客獲得、維持のための仕組みを作ると思うもの。

 

ブログを続けるモチベーションとして

「収益を得る」→独自ドメインが使える

 

ある程度の期間で、そのブログにアクティブが見られたタイミング で、公の場所にリンクさせる。

 

それのプログラムはあると思う。

 

AIとかも、まだ今は単純で、素直な小学生なのだと思う。

 

そんなにひねったことはできないので、

 

単純にブログを楽しみたいな!と思うなら、「素直」が1番なのだと言うこと。

 

人生もそんな感じなのかも。

 

素直が1番。