KIKO &DEKOの50歳からのeveryday

50代からの毎日幸せに生きるための羅針盤

太ってるのは自己管理が足りにないから?

・・と、いう話題が今日出たので、それについて書いてみようと思う。

(そういう職場で働いています。)

 

 

なぜ太っているのか。

 

脂肪細胞が多い。

子供が産まれてすぐ授乳室で、子供の体重を飲む前と飲んだ後を計って、どのくらい飲んだのか計測するのですが、産まれてすぐの状態でもう少食と大食漢の子がいるのだなぁと思った。飲み方が下手な子もいるのかもしれないが、この「食欲」というものは生まれ持つものなのだと実感した。

けれど何かの要因でその後これも変わったりもする。 

 産後、骨盤の位置をキチンと戻さなかったから。

 

私は1人目の時に締め方が甘かったなと後悔し、2人目の時にはコルセットでかなりキツく締め上げた。締め上げる事は、元に戻ろうとしている骨盤の産後の回復も早めるし悪い事ではない。 

 

基礎代謝が下がっている。

年齢と共に、同じ生活をしていても増えてしまう。

中年になると体力もなくなってきて疲れやすく、尚のこと動くのが億劫になってしまう。歳を取ったら減量よりも筋肉を増やす事がもっとも必要。

 

 薬の副作用。

ホルモン治療は太る副作用があるが、鬱の薬で随分と体重が増えてしまった来店されるお客様も多い。 橋本病など。

 

世の中には美味しいものがあり過ぎる。 

 栄養素を取り入れると言うこととは別に、食べると言うことが快楽を得る手段となってしまっていること。

 

 太っているのは本当に自己管理ができていないからなのか。

頭ではわかっているのに何故できなのか。

節制するのはストレスがたまるから。

お腹がすいてしまうから。

カロリーが高いものは美味しいから。

食の場を社交の場とする機会が多い。

 

 私が思うこと。

 

自分の気持ちって結構自分自身が一番よくわかっていないのではと思うことがよくある。正当化してみたり、自分自身に言い訳してみたり。モヤモヤしてみたり。

だから難しい。

頭ではわかっている事がなぜできないのか。人間ってほんとに複雑。 

 

高いお金を払って痩せるのは、第三者に管理してもらうと言う事。

時に矯正してもらい時に応援してもらう。

 

私はこの仕事はとても好き。

薬の副作用で体重がたくさん増えてしまった人に対しては心から応援したいと思うし、癒されてほしいと思っている。

自分も病気治療をしていろいろな気持ちを体験したから。

なので技術はさておいて「念」だけは送っている。

気持ちだけでも届け〜!頑張れ〜ってね。

 

この歳になっても、できる事はあるもんだとつくづく思う。

 

だから人生は面白いのかも。